福井県ウオーキング協会20年の歩み(第2回)

こんな所、あんな所に足跡が…   

~20有余年の<歩み>を振り返る~      (第2回)

 私たち福井県ウオーキング協会(当初は歩け歩け協会)は1昨年、結成20周年を迎えました。その間に、それこそ多くのウオーク仲間が県内中心に、これまた数え切れないほど多くの足跡を残してきました。しかし、まだウオーキングの“一里塚”であり、NPO法人として、新しい“道”をこれからも皆さんとともに歩きましょう。

その<一つの指針>として、“思い出コース”を記念誌や私のダイアリーを参考に何回かに分けて紹介します。                        (松田 進)

1993年(平成5年)4月24日~25日「若狭富士・赤ふんツーデー」 ユニークなタイトルだが、<若狭なる青葉の山の雪の曙>と詠われた若狭富士こと青葉山麓を周回し、高浜町が海水浴客PRにつくったマスコット・赤ふんちゃんを訪ねる?ツーデー。青郷駅→松尾寺→塩汲峠→内浦小→高浜→和田→青戸園泊。翌日は和田海岸→青戸大橋→加斗→小浜駅。例会としてはやや長距離で1日目24K、2日目25K、計49K。

若狭富士・赤ふんウオーク

 1994年(平成6年)3月27日「柳の滝・小次郎ウオーク」 白布をたらしたような布ケ滝。滝の前に大きな柳があったからその名が。この滝で剣豪佐々木小次郎が秘剣つばめ返しを編み出したとか…。当日は残雪があり、とても水しぶきに当たることは無理。途中、小次郎公園が整備されていた。鯖江駅→川島→今立・水間→柳。帰りは北坂下→銭ケ花→粟田部→戸谷→下新庄→鯖江。20K。

残雪の柳の滝小次郎ウオーク

1995年(平成7年)6月11日「世界体操協賛サンドームウオーク」アジア初の世界体操選手権が体操の町・鯖江で開催。その会場・サンドームが雄姿を見せた。鯖江の町も変貌しつつあった。大会前にその様子を確かめようと歩いた。西山公園→有定橋→サイクロード→白鬼女橋→サンドーム周回→王山古墳→西山・祈りの道→水落・旧街道→神明神社→西山公園。18K。

世界体操協賛サンドームウオーク

 1996年(平成8年)10月13日「越前国司下向の旅ウオーク」 紫式部が、国司として赴任の父・為時に連れられて府中に来てから千年ということで、時代装束の隊列が木の芽峠を越えて武生に向かう「下向の旅」が再現された。その最終日に同行した。今庄役場前→湯尾峠→鯖波→南条→脇本宿→大塩神社→式部公園→総社。20K。

紫式部下向の旅ウオーク(この装束でウオークしたのではありません)

                                  (続く)

あるウオーカーの越前横断記(その3)

自然の移ろい、歴史の重みを感じながら…

~ あるウオーカーの越前横断記 ~    ( その3 )

 1昨年の「若越縦断300キロウオーク」を完歩して、すごい感動と思い出が出来ました。これが<越前を横断してみよう>との思いに結び付きました。そして、この気持ちを即刻、結実しようと昨年春、農作業やいろんな行事の合間をぬって一人で歩き始めました。

 またまた、歩きながら福井の自然のすばらしさ、歴史の重さがひしひしと体にしみついてきました。思い切って歩いてよかった! これが実感です。以下は梅浦~油坂峠、延べ6日間、115キロの<ウオーキングダイアリー>です。

                          ( 鯖江市・加藤  忠 )

10月28日(金) 今回、県協会員の田中冨美夫氏(鯖江市)が同行することになった。2人とも入っている「さばえ年金ウオーキングクラブ」の例会での話から賛同してもらった。

 JR越前花堂6時38分発で越前大野に7時30分に着き、都合よく鳩ケ湯行きのバスがあり7時55分に唯野下車。熊よけの鈴をつけストックを持って8時にスタート。

 すぐ美濃街道は上り坂となる。右には小荒島岳が、左下は九頭龍川の流れが見え、岩礁、対岸の景色など景観甚だ良好。スノーゼットも次々と続く。西勝原発電所、勝原スキー場入り口などを経て馬返トンネルを抜ける。ここの標高335M。歩き始めて1時間半。左下の仏原ダム湖に沿って歩いたところで、田中氏の提案でわき道に入り約10分登って「仏御前の滝」を見る。

仏御前の滝 同行の田中さん
仏御前の滝にて

 国道に戻り琴洞橋を渡ると、川も道も大きく蛇行し、スノーゲートやトンネルも多い。トンネル内の歩行は要注意。湯上発電所近くの橋を渡ると国道は川の右岸に廻る。素晴らしい景観が続くが、各所に点在する名所の紅葉は少し早かった(今年は遅い感じ)。雑木に楢枯れ現象も。多少疲れが出てきたのか小休止が多くなる。私より10歳ほど?若い田中氏は元気がいい。車に注意を払いながらも会話は弾む。

道はついに旧和泉村に入る。11時30分、平成の湯ホテルフレアールに到着。入り口への通路の石段に腰下ろしオニギリの昼食。3個はスルリと胃袋に。今日の弁当は特にうまい!

午後はJRダイヤも考慮して、約7K先の九頭龍湖駅まで行くことにする。正午、出発。蛇行する道を越前下山駅を経て谷戸橋を渡り板倉の集落に入る。対岸の山斜面に九頭竜スキー場が見える。また近く開催の九頭竜紅葉祭りのイベント会場を川向こうに見ながら午後2時、朝日集落に到着。JRの終着駅「九頭竜湖」に少し戻る。今日の行程20K。

九頭竜湖駅前にて

 (つづく) 

 (いよいよ最終回は九頭竜湖駅から油坂峠のフィニッシュまでです)。