福井県ウオーキング協会20年の歩み(第8回最終回)

こんな所、あんな所に足跡が…   

~20有余年の<歩み>を振り返る~      (第8回)

 私たち福井県ウオーキング協会(当初は歩け歩け協会)は1昨年、結成20周年を迎えました。その間に、それこそ多くのウオーク仲間が県内中心に、これまた数え切れないほど多くの足跡を残してきました。しかし、まだウオーキングの“一里塚”であり、NPO法人として、新しい“道”をこれからも皆さんとともに歩きましょう。

その<一つの指針>として、“思い出コース”を記念誌や私のダイアリーを参考に何回かに分けて紹介します。最終回です。                        (松田 進)  

2009年(平成21年)

 4月19日、4月29日と1か月に2回、大野方面を歩く。19日は勝原の「ハナモモ桃源郷」、29日は「大野シバザクラウオーク」。いずれも“観歩”の真髄を味わった。

勝原駅にて

 6月15日、7月22日は敦賀方面の祭り見物ウオーク。疋田の「大岩大権現」では地元から大歓迎を受け、敦賀の「総参祭」では氏子の列に加わり交流が深まった。

大岩大権現

 若狭・三方五湖ツーデーマーチが10月17~18日に開催された。5月にアジアで初のIVV世界大会が河口湖で開催されたため、参加者の便を図った。

  2010年(平成22年)

 1月10日から11月14日にかけて協会設立20周年記念「若越縦断300キロウオーク」が展開された。大荒れの高浜・青郷をスタートし、17市町で通行証を頂きながら一筆書きで歩いた。福井市中央公園フィニッシュまでいろんなドラマがあった。

 9月10日~12日 京都、滋賀、福井3県協会共催の龍馬ゆかりの地を巡る「龍馬グランプリウオーク」を実施。県協会は滋賀・余呉湖前から栃の木峠を越えて福井城まで。大河ドラマ「龍馬伝」もあり、歩きながらなんだか坂本龍馬づいた。

  8回にわたったこの「こんな所、あんな所」シリーズも、協会結成20周年記念の年でひとまず終わります。長らく駄文を読んでいただいてありがとうございました。

                                  (松田)

新春ウオーク ~八社めぐり~1月例会のご報告

新年最初のウオーキング、福井市内八社(九社?)めぐりのウオーキングのご報告です。

コース:JR福井駅⇒簸川神社⇒神明神社⇒佐佳枝廼社⇒足羽神社⇒毛谷黒龍神社・恵比寿神社⇒藤島神社⇒不動寺⇒木田神社⇒JR福井駅東口

ウオーキングの概要: 今年初のウオークは、初詣でとしてはいささか遅い1月20日、福井市内の7神社、1寺を巡る10キロ。

幸い降雪なく、積雪も一部歩道や石段ぐらい。
 倒壊作業の始まった福井駅前西口広場に集合して、松田会長から檄を受けて元気に
一般参加も含めて予想以上の124名が8時半スタート。
天候が心配されたが歩き出すころには雨もやみ、線路沿いに松本通り近くの簸川(ひ
かわ)神社にまず参拝。

簸川神社

次いで仁愛高裏の神明神社から中央公園わきの佐佳枝廼社など市内中心部を行く。
神明神社

佐佳枝廼社

当然、信号横断注意。幸橋を渡り足羽川堤防から愛宕坂へ。石段を上って足羽神社
に。

足羽神社

次は毛矢黒龍神社に向かって車道を下る。

毛谷黒龍神社

 

西宮恵比寿神社

その横の急な石段を約800段上り藤島神社に。

藤島神社

少し下ると笏谷石岩の絶壁がそびえ不動寺が。

不動寺

コースは木田神社を経由して木田橋を渡りJR沿いにアオッサにフィニッシュ。
予定の白髭神社はカットした。

木田神社


今回のコースは主催者が吟味して選んだコースで、日頃は車で通り過ぎる町並みであ
るが実際に歩いて見ると近年にずいぶん変化していることに驚かされた。
また、始めての場所が多かったようだ。特に福井城下の北端の加賀口門に位置する簸
川神社や足羽山にある毛矢黒龍神社、天台宗の古刹不動寺などをはじめて参拝した人
も多かったのではないか。多くの神社を回ったのでお賽銭が足らなくなったという人
もいたが多くの神様からたくさんご利益をいただいた。今年はきっと多くの幸せが約
束されたことでしょう。