『音海断崖を行く』バス&ウオーク 10月例会のご報告

開催日時:10月27日(日) 10時~14時00分

コース概要:JR敦賀駅前(バス)⇒高浜町音海駐車場⇒音海遊歩道⇒押廻(おしまわし)灯台⇒音海遊歩道⇒蔕ヶ崎(へたがさき)灯台(昼食)⇒脇坂公園(バス)⇒JR敦賀駅前

距離:13km    天候:曇りのち晴れ  参加人数:60名

福井ふるさと百景-NO.98 海にそびえ立つ若狭富士 青葉山 no99 静かな海、棚田、漁村 風光明媚 内浦湾 が対象

 ウオーク概要:昨夜来の雨が朝まで続き、今日も雨の中でのウオーキングかと思われましたが、ウオークスタート時には雨も上がり、曇り空でのウオークとなりました。音海遊歩道(約2km)は少し登り坂が続き汗をかくほどでした。風はさすがに秋風で少し冷たく感じましたが、天気もだんだんと回復し、押廻灯台到着時には晴れとなっていました。音海の断崖はさすがに大きな絶壁で広角レンズのカメラでも入りきらない福井県の名勝に指定されている、高さ260メートルの絶壁大断崖でした。雨上がりでもあったため、越前海岸まで見えるはずの景色は常神半島が見える範囲までしか見えず、少し残念でした。船から見上げると、もっと迫力のある景色が堪能できるとのことでした。押廻灯台からの内浦湾を含む若狭湾の眺望は最高でした。昼食時には、冷たい風を避けるため、駐車中の車の陰に寄り添っての食事となりました。帰路は若狭富士 青葉山を眺めながら、静かな海と漁村の風光を楽しみながらのウオークでした。 ウオーキングには、丁度良い日和ではありました。ゴール脇坂公園間近の難波江(なばえ)の海岸には、多くのサーファーが黒いウエットスーツに身をまとい波乗りに興じていましたが、遠くから見るとオットセイがたくさん顔を出しているようにも(失礼しました)見えました。

関電高浜発電所駐車場をスタート

 

音海遊歩道登り口

 

音海大断崖を望む

 

押廻灯台にて集合写真

 

冷たい風を避けて車の陰で昼食

 

多くのサーファーたち

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


(*必須)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>